• 台中国家歌劇院(台中メトロポリタンオペラハウス)は、2016年にオープンした大劇場です。館内には、大劇場はもちろん、中劇場、小劇場、屋外小劇場があり、その敷地面積は57685平方メートルに及ぶ地上6階地下2階の建物です。設計は、日本人建築家「伊東豊雄」氏によるもので、 サウンド・オブ・ケーブ(音の洞窟)をコンセプトにした三次元曲線の壁面が特徴です。誰でも中に入ることができますので、台中を訪問の際に立ち寄って... 続きを読む
  • 台南には有名小吃店がたくさんありますが、高雄も負けてはいません。今回は高雄捷運(MRT)美麗島駅界隈の美味しいお店を紹介します。1)高雄婆婆冰  住所:高雄市鹽埕區七賢三路135號 (営業時間:11:00-22:00) 定休日:木曜日高雄の老舗かき氷店です。代表メニューは芒果牛奶冰(マンゴーミルクかき氷)と超級水果冰(フルーツ盛り合わせかき氷)です。6月から8月はマンゴーのシーズンなので、この時期には迷わず芒果... 続きを読む
  • 台南市の古跡に指定されている「旧鴬料理」が、修復工事を終えて今年4月にアート喫茶「鷲嶺食肆」としてオープンしました。「旧鶯料理」は大正時代に建てられた日本式木造建築物ですが、当時は各界の名士が集う社交場として賑わっていました。なるほど「旧鶯料理」n近くには、国立台湾文学館(旧台南州庁舎)、呉園(旧台南公会堂)、第何三述巻第一館(旧台南警察署)、台南武徳殿、林百貨、台湾土地銀行台南支店(旧日本勧業銀... 続きを読む
  • 台北捷運(MRT)の西門駅近くにある「中山堂」は、日本統治時代の1931年に建設された台北公会堂です。戦後は台北中山堂と改名され、国民党大会の会場として、また迎賓館として使用さてきました。現在も、音楽界、演劇上演、映画祭、各種展示会などの会場になっています。なお、中山は孫文の称号です。中山堂の正面入り口を斜めから撮った写真です。建物それ自体がどっしりしていて重厚です。正面の入口から中に入ると、中山堂の看... 続きを読む
  • 旧鶯料理や旧柳下食堂、そして呉園(旧台南公会堂)を訪れた後に、上海華都小吃點心城で小籠包を食べました。美味しかったでーす!メニューは豊富です。この上海華都小吃點心城は、上の写真のとおり、一人でもフラッとは入れる庶民のためのレストランという感じです。黄色いエプロンをかけたおばちゃんたちがお世話をしてくれます。(笑)私は、ここで小籠包、蝦炒飯、蛤湯をいただきました。上海華都小吃點心城は、台南の中にくしに... 続きを読む
  • 1998年の台湾鉄道西部幹線複線化工事の完成に伴って廃駅となっていた勝興駅が、旧山線観光の目玉である可愛い電動式レールバイクの出発駅として注目を集めています。勝興駅は、日本統治時代の1912年3月31日に建設された台湾鉄道の駅です。台湾ではもっとも高い所(海抜402メートル)にあるので、構内にはそれを記念する石碑があります。また、駅舎の向かい側には駅長のための官舎も残されています。懐かしい昭和を偲ぶこと日本式木... 続きを読む
  • 牡丹社事件で日本に脅威を感じた清が、1871年に築いた砲台です。二鯤鯓砲台とも呼ばれています。建設には当時荒廃していた安平古堡(ゼーランジャ城)のレンガを用いました。日清戦争後の下関条約によって台湾の日本への割譲が決まると、それまで台湾を守っていた劉永福とその部下約300人がここに立てこもり、最期まで日本軍に抵抗したそうです。現在ここにあるのはアームストロング砲のレプリカですが、本物は日露戦争の時に行方... 続きを読む
  • 呷霸浮水魚羹のツミレ汁です。フワフワの触感がたまりません。噛めば噛むほど味が出ます。材料は100%の白腹魚(さわら)です。練り上げた粘り気のあるサワラのツミレをさっとゆでて、甘酸っぱいスープに入れれば、はい出来上がり!口当たりの優しい上品な一品となります。この呷霸浮水魚羹ですが、場所は赤崁楼の目の前なので、観光途中にふらっと立ち寄れる場所に位置しています。メニューには蝦捲、米粉、魚餅などもあります... 続きを読む

我愛台湾

    我想和大家分享台湾的信息。 

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR