蟬蜒禪言茶館

「蟬蜒禪言茶館」は高雄市の三民区ににある茶藝館です。中に入るとまず目に留まるのは、茶器や茶壷が並んだ大きな棚とその左右にある「書」です。その前には茶盤と椅子が並んでいて、静寂な空間を演出しています。

蟬蜒禪言茶館04

日本では、発酵が始まる前に茶葉を加熱する緑茶(不発酵茶)が主流ですが、台湾人は軽く発酵させた茶葉を加熱する烏龍茶(半発酵茶)を好みます。ちなみに完全に発酵させた茶葉を加熱すると紅茶(全発酵茶)になります。

蟬蜒禪言茶館02

こんな雰囲気期の中で心を静めて飲む台湾茶は格別です。梨山茶と高山茶をいただきました。ぬるめのお湯でいただく一杯目、温かいお湯でいただく二杯目、そして熱いお湯でいただく三杯目と、それぞれの味と香りを堪能しました。

蟬蜒禪言茶館05

二階はお客様がゆったりとくつろげる空間になっており、茶藝セミナーや茶会がここで行われます。また、蟬蜒禪言茶館では現代台湾を代表する陶芸家が作成した茶器も取り揃えています。

蟬蜒禪言茶館08

台湾茶の生産地や銘柄についてはこちらへ!

蟬蜒禪言茶館06

台湾茶器についてはこちらへ!


蟬蜒禪言茶館
高雄市三民區民族一路543巷37號
電話 +886 7 350 5202
関連記事

コメント

非公開コメント

我愛台湾

    我想和大家分享台湾的信息。 

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR