台湾人のアイデンティティ

台湾鐡道の瑞芳駅から九份へ向かうバスの中で日本人の20代のカップルが何か話していると、乗り合わせた若い台湾人の男性が日本人の男性に話しかけました。

台: Are you a Japanese? From where in Japan?
日: Yes, I am a Japanese. I came from Nagoya. Are you a Chinese?
台: No. I am a Taiwanese. I came from Tainan.

普通の会話のようですが、実は日本人があまり意識していない大きな問題が「Are you a Chinese?」という日本人男性の発言に隠されています。

日本人男性が相手を中国人と思ったからなのか、台湾に住んでいる人々の先祖が大陸からやってきた中国人だと思ったからなのか、中国共産党が「ひとつの中国」を強調しているからなのかは解りませんが、台湾人に対して「あなたが中国人ですか?」と質問するのはお薦めできません。
無題
台湾で行われた「あなたは自分を何人だと思いますか?」という2017年の調査によれば、国民の約8割の人が「台湾人」と回答しました。
これは自分たちが大陸の中国人とは違うアイデンティティを持った異なる政治体制の(国)に属していて、大陸の中国人と一緒にしてほしくないという意思の表れです。

台湾に来て、台湾のバスに乗っているのですから、 「Are you a Taiwanese?」 と言ってほしかったー!

台湾でもいろいろ物議をかもしている中国人観光客が多い中、あらぬ誤解を招かないようにしたいものです。

なお、彼らの会話は、その後も台湾人男性のリードでほのぼのと進み、バスは無地九份に到着しました。
良かった!良かった!(笑)

このほかの台湾事情についてはこちらへ!


関連記事

コメント

非公開コメント

我愛台湾

    我想和大家分享台湾的信息。 

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR