レールバイクが出発する旧山線の勝興駅(苗栗県三義)

1998年の台湾鉄道西部幹線複線化工事の完成に伴って廃駅となっていた勝興駅が、旧山線観光の目玉である可愛い電動式レールバイクの出発駅として注目を集めています。
勝興駅01
勝興駅は、日本統治時代の1912年3月31日に建設された台湾鉄道の駅です。台湾ではもっとも高い所(海抜402メートル)にあるので、構内にはそれを記念する石碑があります。
勝興駅06
また、駅舎の向かい側には駅長のための官舎も残されています。懐かしい昭和を偲ぶこと日本式木造建築です。
勝興駅02
毎日数多くの観光客が訪れる勝興駅の前には、お土産屋さんや食堂も建ち並んでいます。
勝興駅03
電動式レールバイクは、勝興駅と鯉魚潭駅との間を毎日4往復していますが、人気があるので予約するのはかなり難しいとか?
勝興駅
レールバイクが通る鉄橋です。怖いかも?(笑)
龍騰断橋03
レールバイクの予約は、こちらから! 
(日本語に対応しています)

この勝興駅ですが、交通の不便なところに位置しているので、龍騰断橋天空之城などの観光地と組み合わせて、苗栗もしくは台中からタクシーをチャーターして訪れることをお勧めします。
台湾の鉄道遺産についてはこちらへ!

勝興駅
関連記事

コメント

非公開コメント

我愛台湾

    我想和大家分享台湾的信息。 

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR