昭和初期に名士が集った「鶯料理」(台南)

台南市の古跡に指定されている「旧鴬料理」が、修復工事を終えて今年4月にアート喫茶「鷲嶺食肆」としてオープンしました。
鶯料理05
「旧鶯料理」は大正時代に建てられた日本式木造建築物ですが、当時は各界の名士が集う社交場として賑わっていました。なるほど「旧鶯料理」n近くには、国立台湾文学館(旧台南州庁舎)、呉園(旧台南公会堂)、第何三述巻第一館(旧台南警察署)、台南武徳殿、林百貨、台湾土地銀行台南支店(旧日本勧業銀行台南支店)などの日本統治時代の建物が数多く残っています。
鶯料理04
台南市はこの「旧鶯料理」の三棟の建物の内、中棟と裏棟を先に修復して2013年から公開していましたが、このたび表棟の修復作業も終了し、「鷲嶺食肆」のオープンとなりました。
鶯料理02
私がここを訪れたのは開店前だったので中を見ることはできませんでしたが、庭園のある立派な木造建築でした。
鶯料理03
台湾で現在保存されている日本時代の建築は、そのほとんどが公的機関のレンガ造りの建築物なので、このような日本式の木造建築は貴重な存在となっています。最近日本でも見ることができなくなったこのような建物を台南で見ることができたことは、私にとっても貴重な体験でした。
台南観光 1⃣ 2⃣ 3⃣ 4⃣ へ!
      

鶯料理(台南市中西區忠義路二段84巷18號)
関連記事

コメント

ひまわり🌻

店内での、お食事がどのような物なのでしょうか?一度訪れて入って見たいですね!
非公開コメント

我愛台湾

    我想和大家分享台湾的信息。 

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR