台湾鉄道

台湾を旅行する際に便利な台湾鉄道の紹介です。上手に利用してください。

列車の種類
台湾鉄道が運航している列車は、自強号(特急)、莒光号(急行)、区間車の三つです。以前は復興号という準急列車も走っていましたが、最近姿を消したようです。

普悠瑪号02

窓口での切符購入
窓口で購入する場合は、乗車日、列車名、列車番号、発車時刻、出発駅名、到着駅名を紙に書いて係員に渡してください。提示された料金を支払うと、切符が渡されます。

<例> 今天  自強19  15:39  台北→桃園 

翌日以降の自強号か莒光号を窓口で予約する場合は、今天を明天もしくは乗車予定月日に変えてください。今天は今日、明天は明日です。

台湾鐡道01

出発前のネット予約
自強号(特急)と莒光号(急行)は、14日前からネット予約することができます。予約すると予約確認番号が発行されますので、その番号とパスポートを出発の30分前までに駅の窓口に提示すると、乗車券が渡されれます。

台湾鉄道のネット予約についてはこちらをクリック!

なお、台湾鉄道にはこの他に太魯閣号と普悠瑪号という自強号より速い特急も走っていますが、花蓮や台東を訪れる中国人団体客のために旅行代理店がまとめ買いをするので予約するのは極めて困難です。私は何回かこれらの列車の予約を試みていますが、まだ予約できたことがありません。台湾鉄道ではネット販売の二日前から電話予約も受け付けているので、台湾の旅行業者が12日前になるまでに予約してしまっているということだと思います。

彰化01

また、台湾では区間車の切符で自強号と莒光号にも乗れます。ただし、立ち席です。空いている席に座ってもかまいませんが、座席指定券を持った人が現れた場合には立ってください。・・・写真は、彰化扇型車庫です。

台湾国内の交通についてはこちらへ!




関連記事

コメント

非公開コメント

我愛台湾

    我想和大家分享台湾的信息。 

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR