清朝時代の町並みが残る「大渓老街」(台北近郊)

台湾鐡道の中壢駅からバスに乗って大渓老街に行ってきました。和平路と中山路地には清朝時代の建てられたバロック様式の建物が軒を連ねており、レトロな雰囲気が漂っていました。屋根のレリーフが何とも言えませーん!

大渓老街02

大渓老街04

大渓老街03

また、和平路と中山路地の間の路地は、市場になっていて多くの人々が買い物を楽しんでいました。福仁宮もありました。

大渓老街01

大渓老街06

ここで食べた下の写真のローストポークがとても美味しかった。今出来上がったばかりのハムのような感じで超お勧めです。

大渓老街05

<台北からの行き方>
台湾鐡道西部幹線の自強号もしくは莒光号に乗って中壢駅下車。後站から15から20分間隔で走っている5098のバスに乗り、新街尾下車。中壢駅かたの所要時間約35分です。なお、台北からの大渓老街観光は、鶯歌陶瓷老街観光との組み合わせが可能です。鶯歌陶瓷老街は、台湾鐡道西部幹線鶯歌駅から徒歩10分です。

台北の郊外観光についてはこちらへ!


大渓老街
関連記事

コメント

非公開コメント

我愛台湾

    我想和大家分享台湾的信息。 

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR