• 台南でカラスミといえば赤崁楼近くにある老舗「明興商行」です。というか、台湾でカラスミといってもやはり台南の「明興商行」だと私は思います。 ご主人のおじいちゃんは90歳を過ぎていますがまだまだ元気で日本語を話します。商品に自信を持っていて、まけてくれることは決してしありません。でも、ほんとうに「明興商行」のカラスミは台湾で一番だと思います。 カラスミの大きさにもよりますが、お値段は100gあたり400元... 続きを読む
  • 太和傳統餅店は、台北の西門にある1949年創業の中国菓子のお店です。商品の陳列がとてもきれいで、見ているだけで楽しくなります。 店の名前になっている「太和傳統餅」をはじめ、「鳳梨酥」、「太陽餅」、「媽祖餅」、「牛練糖」、「白雪乳酪」、「杏仁金棗酥」、「蛋黃酥」などのさまざまなお菓子を販売しているのですが、私の一押しは「腰果塔」や「蜜棗糕胡桃塔」などのナッツとドライフルーツがタルト風の生地の上に乗った... 続きを読む
  • 台湾には、お茶を独自の作法でいただく茶藝文化が根付いていますが、この茶藝で使用する茶器も魅力的であり、お土産としても人気があります。台湾には、鳥や花などのが描かれている中国伝来の茶器もありますが、私個人としては、これらの写真のような趣のあるものが好きです。茶器の放つ光と影に台湾人陶芸家のこだわりと「侘寂(わびさび)」を感じます。... 続きを読む
  • 台湾旅行のお土産ナンバーワンといえば、もちろん土鳳梨酥(パイナップルケーキ)です。どのお店で買ったら良いのか判らなくなるくらいに、台湾各地で販売されています。しかも、毎年パイナップルケーキのコンテストも開催されており、台湾人の飽くなき味の追及が今も続いています。(笑)郭祿食品(桃園)の土鳳梨酥このパイナップルケーキですが、台湾人の飽くなき味の追及が続いた結果、最近では形がパイナップルケーキと同じで... 続きを読む
  • 三千メートル級の山々が連なる台湾では、その起伏を利用したお茶の栽培が盛んです。全国各地に茶畑があり、高山茶、梨山茶、金壷茶、港口茶、雲頂茶、長安茶などをはじめとするさまざまな銘柄のお茶が生産されています。これらの台湾茶は、お土産としても人気があります。日本では、発酵が始まる前に茶葉を加熱する緑茶(不発酵茶)が一般的ですが、台湾では軽く発酵させた茶葉を加熱する烏龍茶(半発酵茶)が主流です。ちなみ台湾... 続きを読む

我愛台湾

    我想和大家分享台湾的信息。 

最新記事

検索フォーム

QRコード

QR